フットケア

痛い巻き爪は早めの治療が大事!処置は自分で出来る?

更新日:

 

巻き爪になった原因は?(本人が思い当たる所)

営業職をしていて、毎日パンプスで出勤して、そのまま得意先や出張先に行っていました。移動は主に電車、バス、徒歩で細かい移動も合わせると1日に2、3時間は歩くことがありました。続けて歩く距離は短いので、特に足が痛くなったりはしなかったのですが、爪が少しのびてくると爪の下の肉に当たったりして切ることがありました。靴は自分の好みや値段重視で選んでいて、靴擦れしなければいいや、という気持ちだったので巻き爪には注意を払っていませんでした。

巻き爪になって困った事(巻き爪歴等も)

毎日、パンプスで出勤するようになって2、3年で、パンプスの形に足がなっていることは感じていました。その頃から、爪がのびると肉にあたって痛くなったり、スポーツをするとあとで爪の周りが炎症を起こして赤く腫れることがでてきました。最初は市販のキズぐすりを塗っておけば数日でおさまったのに、だんだんと治りづらくなってきて、走ると痛むようになってしまいました。ちょうど、友人に体力づくりのためにジムでトレーニングをしようと誘われて、とても乗り気だったのに、あまりに巻き爪が痛くて断念する羽目になってしまいました。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

周りから皮膚科に行くと、爪を一回剥がされる、とかワイヤーを入れられると聞いて、かなり怖くて自分で対処していました。最初は、絆創膏や包帯を巻いていたのですが、一向に良くならないので、思い切って靴をスニーカーに変えました。慣れた取引先ばかりだったので、事情を話したら案外大丈夫でした。巻き爪そのもののほうは、テーピングをすると良い、と聞いて、食い込んでいる部分の肉を引っ張るように螺旋状にカーゼなどを止める使い捨てのテープを貼り、引っ張った部分に化膿止めの軟膏を塗るようにしました。お風呂のたびに貼り替えて、常に肉が爪から離れて食い込まない状態をキープするようにしました。痛みも軽減したし、2、3ヶ月経つと炎症もおさまって、病院に行かなくても大丈夫な状態になりました。

巻き爪になった原因は?(本人が思い当たる所)

私が思いあたる巻き爪になった原因は、深爪ではないかと思います。私は正しい爪の切り方を知らず(爪を切る時は丸く切るのではなく横に真っ直ぐ切らなくてはいけない)爪の角部分も含む白い部分はいつも切り落としていたので、それを繰り返すうちに段々と巻き爪になってしまったのではないかと思います。あとは、学生時代の部活でバスケットボールをしていましたので足や爪先などにも負担が掛かっていたのでそういうことも原因のひとつではないかなと思っています。

巻き爪になって困った事(巻き爪歴等も)

私が巻き爪になったのは中学2年生の頃で、かれこれもう20年位の付き合いです。巻き爪になって困った事は、まずはやはり痛みです。私の巻き爪は、Googleなどでググって出てくるような重度なものではないのですが、爪が足の指の肉に刺さるような形になっているので痛いです。そして刺さって痛いので巻いてる部分も含めて自分で切ると根元の部分が上手く切れずに残ってしまいトゲのような状態になり更に横に刺さってしまったりと上手に処理出来ないのも困ります。その後の爪の状態といったら見た目的にも悪く私は一応女ですのでフットネイルなどには無縁でオシャレも出来ません。以上が私の巻き爪歴や、困った事になります。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

私の友人にも巻き爪の人がいるのですが、彼女は皮膚科へ行って治して貰ったそうですがその話を聞いているだけで痛く、しばらくはまともには歩けなかったそうなので怖かったので私は自分で治そうと思いました。まずは、足の指に刺さっている部分を切る…これは治療というより応急処置といった感じで結局伸びてくるとまた奥に入っていってしまうし、上にも書いたように上手に切れない部分がトゲのような状態になってしまうしそのトゲが横の肉に刺さってしまったりと痛かったです。そのトゲをどうにか除去しようと針を使ってトゲの下から持ち上げて持ち上がったトゲを毛抜きで引っ張ったりという力技もしましたが伸びてくるとまた同じなので治療という名目では失敗でした。効いたのは、我慢して爪を伸ばし伸びたら爪の角っちょ部分に綿を詰めて肉と爪の接触する部分を浮かせたことです。そして正しい切り方で整えていくことです。綿の詰め替えなどの手間はありますが短く短く切るより良かったと思います。それを続けていくうちに少しずつ改善したように思います。

巻き爪になった原因は?(本人が思い当たる所)

爪をむしるのが好きで(ちょっと切込みを入れてそこから指でべりっとむしる)、爪の端っこをむしるのが特に好きでした。しかし、皮膚と爪の境界線らしい部分も剥いてしまったらしく、そこから血が出てきました。しばらく放置していたのですが、いつの間にか指の肉が表出してしまい、そこに爪が巻き込まれていました。度々同じように、爪をむしる→血が出る→肉が出てくる→爪が巻き込まれている、というサイクルを繰り返していました。

巻き爪になって困った事(巻き爪歴等も)

爪をむしらなければクセになることはなかったのですが、三回くらい同じようなことがありました。小学生の時だったので、ヒールを履いたり立ち仕事をしたりすることがなく、足への負担はなかったので痛みもほとんどありませんでした。しかし、多少つま先が痛かったのは覚えています。見た目もよくないので、表出してしまった肉をどうにか取りたい、巻き込まれた爪を戻したいと無理なことをして逆に痛い思いをした記憶もありました。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

表紙表出した肉を取れば爪も元に戻ると思い、自分でその肉をハサミで切る・針でつつく・ピンセットで引っ張るなどの荒治療をしました。絶対間違っていると今なら分かるのですが、なんせ小学生の時だったので分からず血だらけになり痛みに涙を堪えながらやっていました。自分で取る方法は無理だと察し、一旦放置しました。すると1週間くらいしてなんとなく指でつまんで引っ張ってみたらあっけなくポロッと取れました。おそらく、表出してしまったが故に栄養がそこに行き渡らず壊死みたいな状態になって、かさぶたのように取れてしまったのだと思います。それを経験してから、巻き爪になっても決していじらず(と言いながらつまんだりハサミで切ろうとしたこともありました)基本的に放置するようになり、自然治癒を待ち、肉が取れたことで巻き爪も自然と治っていました。

巻き爪になった原因は?(本人が思い当たる所)

全体的に巻いてる傾向は、ありますが特にひどいのは、足の親指です。食い込んでいます。巻きやすい爪なんだと思います。私の身近な家族は、巻き爪はいません。体質的な問題なんだと思います。後、仕事がら外回りの仕事の為スニーカーを履いています。ある程度締め付けのある状態でスニーカーを履いているので、丁度爪の当たりを刺激しているのかもしれないです。後私は、深爪にしてしまうので余計に巻きやすくなってしまったかもしれないです。

巻き爪になって困った事(巻き爪歴等も)

巻き爪歴は、長いと思いますが、正直私自身そう思っていませんでした。人の爪見る機会等そうないので、他の人もこんな感じなんだと勝手に思っていました。妹がたまたま私の爪を見て「めっちゃ巻いてるな」と言われ妹の爪を見せてもらい自分でその時にそうなんだと納得しました。なので、自分で巻き爪だと解釈したのは、結構最近の話です。困る事は、長距離歩いたら痛くなる事です。ひどいと赤くなり腫れてきます。ひどいときは、膿が溜まってしまいます。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

私は、普段ネイルをしています。そこて巻き爪を直す施術を受けています。一昨年位からその施術をしてもらっています。その施術は、爪を丁度良い長さに切ってもらい消毒をして、足の爪の幅にあった細長いプレートを足につけます。そのプレートが巻いた爪にフィットする事により、プレートは平行になるように反発します。その動きで爪を一緒に持ち上げてくれる事によって爪の巻くのを抑えてくれます。注意点は、お風呂など長時間浸かってしまうと、プレートをつけているコーティングが取れてしまう可能性が高いので、お風呂は長時間浸からない事。後、着圧の靴下もプレートが取れてしまう可能性が高いので履かない事。後1ヶ月施で交換しないとダメです。お金かかりますが、本当に平行に近づきます。でも続けないと元に戻ってしまうので、毎回ではなく、何ヵ月に1回すると良いと思います。良ければお試しください。

巻き爪になった原因は?(本人が思い当たる所)

普段からヒールの高い靴やつま先部分が狭くなっているパンプスで出かけることが多く、1時間歩いた頃にはつま先が痛くなっていました。しかし特に靴を変えることもなく、そのような生活を長い間続けており、足のつま先が常に痛い状態でした。またバイト中もパンプスで何時間も立ちっぱなしということが多く、とにかく私の足のつま先はいつも窮屈でした。そもそも足の幅が広いので、靴のサイズを選ぶ際につま先からかかとの長さに合わせると、幅がきついということがありました。足を締め付けていたのが巻き爪の原因だと思います。

巻き爪になって困った事(巻き爪歴等も)

私は両足の親指の爪が肉に食い込んだ重度の巻き爪でした。巻き爪で困ったことはとてもたくさんあります。巻き爪に悩み始めた頃はヒールの高い靴やつま先のとがった靴で出かけることが難しくなりオシャレの幅が狭くなりましたし、バイトもすぐに疲れてしまうようになりました。スニーカーなどのサイズにゆとりのある靴だと、あまり痛みは感じませんでした。痛みがひどくなり始めた頃には、どんな靴履いても歩けばかなり痛みを感じるという状態で、巻き爪部分が靴下に触れるだけでも痛みが走り、日常生活にかなり支障がありました。もちろん走れば痛いのでスポーツもできませんでした。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

病院に行く前は自分で痛みを和らげようと工夫していました。肉に刺さっている部分の爪を斜めにカットして、刺さらないようにしました。一時的に痛みはなくなるのですが、また少し経つと爪が伸び、痛みを感じ、そしてまた爪を切り..の繰り返しでした。しかしとうとう痛みに耐えられなくなり、巻き爪治療の病院を調べました。そこで爪を剥がして綺麗に伸ばし直す方法、巻き爪になっている部分を器具で引っ張る方法を知り、爪は剥がしたくなかったので後者の治療法を選びました。実際通ったのは病院ではなく、巻き爪治療に力を入れている接骨院でした。月に一度のペースで通院し、巻き爪の状態によって値段は変わりますが私の場合は最初は両足で9000円程の治療費でした。初回の治療で痛みは完全に消え、そこからはゆっくり時間をかけ治療をしました。治療を重ねるごとに巻き爪の状態は良くなっていくので最終的には5000円程になりました。約8ヶ月程通い今では完全に治っています。

  • この記事を書いた人

momo

主婦兼美容ブロガーのmomoです♡ 美容に関するお悩みをスッキリ解消♪ 心と身体の美を目指す場を作ります。 "気楽に続けられる美容法"を発信!

-フットケア
-,

Copyright© ナチュラブ , 2020 All Rights Reserved.