フットケア

魚の目やタコはどんな時に出来るの?治療は可能?

更新日:

 

ウオノメやタコになった原因は?(本人が思い当たる所)

毎日毎日同じ靴を履き通勤し、帰宅するまで一度も脱ぐ事なく履き続けたからだと思います。足裏の一点に刺激が加わり続けいつしか目で見てはっきり分かるウオノメが出来ていました。最初は足裏が靴の形になっていたのが気になっていましたが、まさかウオノメご出来るとは考えもせずやり過ごしてしまいました。ウオノメが出来てから新しい靴を購入しましたが、フィット感が違い痛みがあったので致し方なく痛みが来ない前の靴を履きました。

ウオノメやタコになって困った事

とにかく痛い!裸足でコードを踏んだり靴下を履いていても襖の敷居をつい踏んでしまったら、先のとがった物を踏み足裏に突き刺さったのかと思うほどいつも悲鳴をあげていました。家では厚みのあるスリッパを履かざるを得ず座る時は必ず正座をしていました。お風呂も浴室のタイルも当たり具合で痛かったのでかかとで歩くようにしていて全くリラックス出来ませんでした。不意に何かを踏んで悲鳴をあげると周りの人がびっくりするので大声をあげないよう神経を使ったのも大変でした。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

看護師の母が悲鳴をあげてる私を見かねてお灸をしてくれました。市販のどこにでもあるお灸で、うつ伏せで寝てただけで後で聞いたらお灸が終わった頃にはウオノメがポロっと取れたそうです。一度、自分でほじくり出そうと思い削った事もありましたが思いのほか根深く痛みが増し無理だと思い断念しましたが、お灸は一発で取れました。お灸の最中も根深さのせいか熱くは無く、お灸後もあれだけ痛み続けてたのに一切痛くなくそれきりウオノメが出来た事は一度もありません。テーピングは毎日やり続けなければならなかったしヤスリもどこまで削ったらいいか疑問だったしどちらもキリが無かったのですがお灸は一発で効くので一番おすすめです。痛みが出だしたらウオノメの形が出来て無くてもお灸をするといいと思います。

ウオノメやタコになった原因は?(本人が思い当たる所)

過去に2回程、足の裏に魚の目が出来たことがあります。私は看護師の仕事をしていますが、魚の目が出来た頃は足元がストッキングにサンダルと言ういで立ちでした。看護師の仕事は立ち仕事が多く歩いたりすることが多かったのと、足底が薄いストッキングのみでサンダルに踏みつけることで同じ場所にばかり圧がかかってしまい魚の目になったのだと思います。また足底の外側に出来ることが多かったので歩き方や立っているときの重心の偏りも原因かと思います。

ウオノメやタコになって困った事

いつでも痛いわけでは無くて、ふとした時に足底に激痛が走る感覚でした。足底部の外側に出来ていたので立ち仕事をしている時にたまたまその部位に体重がかかってしまった時に痛みが出ていました。また一番痛くて辛いと思ったのは裸足で過ごしているときにフローリングで立ち止まった時や、浴室で立っている時に急に痛くなることです。本当に小さな部位ですし、いつも痛む訳では無いので気を付けようとする意識が無いときに突然痛むのが困りました。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

初めに気づいたときは足底の痛みがある場所に黒い小さな点がある程度でした。その為、消毒した針やまゆ毛用の先がとがったハサミでその部分だけをえぐり取ってしまおうと思い挑戦していました。しかし以外に奥が深くて黒い点まで到達することが出来ず、形成外科を受診しました。形成外科でスピール膏の張り薬を処方されて、スピール膏を魚の目に張り付けて透明テープで固定する治療をしました。初めは放置しておく日数が足りずに綺麗に薬が浸透せずうまく切除出来ませんでしたが、5日程度貼りっぱなしにした後にはがして、白くふやけた皮膚ごと魚の目部分を切り取って治療しました。十分に薬が浸透していると痛みも無く一度で深い部分の魚の目まで取れてしまうので、痛みも無く綺麗に取ることが出来ました。

ウオノメやタコになった原因は?(本人が思い当たる所)

ウオノメができた原因として思い当たるのは、中学生の時から10年以上趣味のウォーキングを速歩で1時間以上歩いていたので最初はそれにより生じた摩擦とか振動が蓄積されて発症したのだと思いますが、現在の仕事が立ち仕事で、1週間に5日ほど1日8時間は硬いフロアをヒールの高い靴で過ごしていますので、もう就職して10年以上になりますが、実際にはそういった圧迫などで日々悪化して本格的なウオノメになったと思います。

ウオノメやタコになって困った事

一番困ったのはやはり仕事で、立ち仕事ということだけでなく、基本的にはヒールの高いきちんと感のあるタイトな靴で過ごさなくてはいけないのでどう履いてもウオノメがあたって痛いということです。ウオノメ用のクッションシートなども必ず試すのですが、靴がタイトだと足の逃げ場がないのであまり効果がありませんでした。最終的には許可を得てペタンコのスリッポンのような靴で職務に当たりましたが、とてもカッコ悪かったです。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

基本的にはウオノメ用のクッションシート(薬が付いているもの)を貼りっぱなしにして、柔らかく真っ白になったら剥がすというスタンダードな自己処理をしていました。肌の衛生にもかなり気を使ってやっていましたが、結構な割合で芯が残ってしまうことが多く、結局痛くなるし足のあたる感覚がとても気になるので自分でハサミやカッターなどで処置をするという怖いことをやっていました。ですが本当に痛くて芯が大きく残っていたことがあったので、最終的には大げさかと思いましたが病院で電気で焼くという処置してもらいました。焦げる匂いがちょっと怖かったですが、最初からそうすればよかったというくらい今ではとても綺麗になって芯も残っていません。

ウオノメやタコになった原因は?(本人が思い当たる所)

自分は足に大きめのタコができてしまいました。その原因は靴のサイズと歩き方の悪さということが靴屋さんへ相談した際に分かりました。まず靴はネットで購入したものをよく履くので、そうしてもサイズが完璧に合っていない場合が多いのです。サイズが合っていないと靴ズレを起こしてしまいますからね。また、歩き方も悪いと言われ自分の歩行方法はタコができやすいらしいのです。知らず知らずのうちにタコができてそれが角質化してしまった感じですね。

ウオノメやタコになって困った事

まず何といっても歩く際に痛みを伴うことです。自分はよく散歩などで長距離を歩くことが好きなのですが、タコを気にするあまり気持ちよく歩けません。靴によってはタコが擦れてとても痛いし、擦れを繰り返すことで余計に角質化が進んでしまうのです。一度タコができてしまうとなかなか治す手段がありません。もし歩くことがなければ治る可能性もありますが、それは現実的ではないですよね。なので、長い距離を歩けなくなったのが一番困ったことです。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

まず最大の原因である靴のサイズと歩き方を治すことですね。サイズは靴屋で自分に合ったサイズを完璧に選んでもらい、中敷も入れてもらったり対策を施しました。とにかく靴とタコが擦れないようにするのが最大に予防策であり、これ以上悪化をさせない方法なのです。また歩き方は、真っ直ぐ足踏みすることを意識して歩くようにしています。それらを実戦したら確かに今までに比べて苦痛を伴うことは減った気がします。しかしまだまだ完璧にタコが治ったわけではなく、気を抜いた瞬間に従来の間違った歩き方をしてしまうことがあります。また、冬場でしたら厚めの靴下を履く等して靴との摩擦を少しでも減らす努力をしていますね。何も対処をしていない時期に比べたら効果を実感しています。

ウオノメやタコになった原因は?(本人が思い当たる所)

足にウオノメやタコがよくできたのはハイヒールを履く習慣があったから。それしか考えられないんです。今はだいぶキレイな足になりましたが、若い頃アパレルショップ店員をしていてヒールがある靴ばかり履いて接客していたんですね。足が痛くて夕方になると足をかばって腰が痛くなるし、帰る頃には足がしびれて最悪でした。こんな習慣が3年続いてその間にウオノメやタコが決まった場所に繰り返しできましたよ。体重がかかるところがなりやすいですね。

ウオノメやタコになって困った事

足の裏を彼氏に見せられなくて困った。彼女の足の裏って男の人は気になるようですね。裸足になる場所はできるだけ避けていましたし足の裏が彼の体に触れないように気をつけていました。彼にウオノメやタコがあることを知られるのが恥ずかしかったんです。やすりで削っても同じ事の繰り返し。削って少しマシになってもあっという間に削る前の状態に戻るんです。ウオノメ治療のためシールタイプの物を使っていたけどコレも効果が無くて困りました。

実際に体験した治療方法と結果(自分で行った方法でも可)

まず、タコは入浴のタイミングでやすりを使って削りました。お湯に浸かっているとタコが少し柔らかくなるんですね。そのタイミングでやすりで削ると早くキレイになるんです。痛みを感じるところまで削るとひどくなってしまうので、もう少し削りたいけど・・・というあたりで削ることをやめていました。つま先立ちに近い状態が長かったので指の近くにタコが多くありました。ウオノメはドラッグストアでウオノメ治療専用のウオノメに貼り付けるものを買って繰り返し使っていましたよ。ドーナツ型の弾力あるシールです。また、やすりで削ったタコはお風呂から上がったらクリームを塗り込んで肌を刺激から守るようにしました。ウオノメも状態を見てクリームで保護しました。

  • この記事を書いた人

momo

主婦兼美容ブロガーのmomoです♡ 美容に関するお悩みをスッキリ解消♪ 心と身体の美を目指す場を作ります。 "気楽に続けられる美容法"を発信!

-フットケア
-, ,

Copyright© ナチュラブ , 2020 All Rights Reserved.