メイク

美肌のコツはクレンジングに有?使い分けで健康美肌に♡

更新日:

 

美肌=クレンジング

クレンジングは美肌を作る為にとっても重要なアイテム★
様々なクレンジングがありますが、
さて、どのように使い分けたら良いのでしょうか?
種類によって使用感や落ち具合も変わってきますし、
お肌を健やかに保つために肌質に合わせて選んだり、
メイクによって使い分けることも重要だと言えます。

種類別に特徴をまとめていきます!!
美肌の要★クレンジング術

◆ウォータークレンジング◆

ウォータークレンジングは、
メイク中にはみ出してしまったアイメイクを落としたり、
ポイントメイクの崩れや滲みをOFFするのに最適です。
綿棒にとって使用するのがおススメの使用法★

また、コットンにたっぷりとクレンザーを
染み込ませて、全顔をOFFしていくのも良いでしょう♪♪
クレンザーの量をケチってしまうとお肌との摩擦が強くなりますので、
お肌を痛めてしまいます。十分にヒタヒタにしましょう!!

軽いメイクにはおススメ♪ですが、
濃いメイクではお肌にメイクが残ってしまう場合があり、
お肌トラブルを引き起こす原因にもなりますので、不向きかと言えます。

◆ジェルクレンジング◆

ジェルタイプはマッサージをしながら
馴染ませることで、メイクをスッキリ落としてくれます。
オイルほどの洗浄力を求めないのであれば、ジェルがおススメ♪
洗い上がりがさっぱりします♪♪

また最近では、まつげエクステをされている方も多いですね!!
まつげエクステはオイルクレンジングはNG×です。
今では当たり前になってきていて説明するサロンさんも
少なくなっているように感じるので、もう一度おさらいです!!

ジェルは洗浄力、洗い心地トータルで中間。
無難で使いやすいと思います。
種類によっては『オイルジェル』と
記載されているものも出てきているので、
成分をしっかりチェックして購入しましょう※

◆オイルクレンジング◆

オイルクレンジングは
クレンジングの中で洗浄力が最強です。
スルッと落ちるので楽ですが、
必要な水分や油分を落としてしまうといった
デメリットもあります。
乾燥肌の方は特に注意です※
しかし、どこの製品も以前ほど乾燥しないよう
改良されているように感じるので、
そんなに乾燥を感じないのであれば、
オイルを選んでも良いと思います♪♪

オイルクレンジングを使用する時の
注意点は乳化をさせながら行うこと!!
原液を直塗りするのではなく
お肌を濡らした状態(軽く)や、
オイルに数滴のお水を馴染ませながら
乳化させることで効果を発揮します。
原液のままだとお肌に負担がかかるので注意です!!
以外とこの使い方をスルーしている方いると思うので
ドキっとした方は乳化を意識して使用してみてくださいね♪♪
同じアイテムでも正しく使用することで、
お肌の状態が変わってくるかもしれません!

◆クリームクレンジング◆

洗浄力が強いモノや、さっぱりしたモノだと乾燥してしまう
という方はクリームタイプがおススメ♪♪

こっくりとしたクリームタイプを選ぶことで
クレンジングの後のお肌はもっちり♪
洗浄力が弱いと感じるなら、
スチーム(蒸しタオル)で毛穴を開かせて、
優しくマッサージしながら
落としていくと良いでしょう♪
お肌がやわやわになります♪
お肌のターンオーバーが乱れて、
ごわついていたりくすみが
気になる方にもおススメですね!!
古い角質が出ていきやすくなり、
新しい元気なお肌に生まれ変わります。
エイジングケアにも向いています◎♪

◆温感クレンジング◆

毛穴が詰まることで、
たるみが起きたり、ニキビができやすくなります。
温感タイプはあたためながら
毛穴の汚れを優しく取り除くことができるので、
毛穴のつまりを改善させたい方にはおススメです♪
しかし乾燥肌の方は注意!!
ゴシゴシとやり過ぎてしまうと逆に、
水分や油分のバランスが悪くなり、
乾燥によるお肌のトラブルが発生してしまいます。

◆シートクレンジング◆

拭き取りのシートタイプ。
液体やチューブは液漏れの心配もあるので、
旅行におススメ♪♪
液体は持ち運びには幅もとりますし
荷物が重くなってしまうので、
手軽なシートタイプが便利です♪
洗顔なしでOKなものもあるので、
すぐにベッドインしたい時にも良いですね!!
女子は寝るまでにする事沢山ありますから、
睡眠を優先!!ササっと済ませて、
しっかり休むことも美肌にとっても必要です♪♪

力を抜いてストレスをためないことも美肌に重要♪

様々なクレンジングの種類や
アイテムがありますが、
いつも同じものを使うのではなく
お肌の調子や、その日のメイクによって
使い分けることも重要だといえます。
やりすぎはよくないですが、
クレンジングは、その後に使用する
スキンケアの入りをよくするための大事な行程です!!
ここをこだわってみるだけで、
高級なスキンケアを使わずとも、
美肌を作れるでしょう。健康で綺麗な
お肌の土台を作ることがまずはとっても重要★

あれこれと化粧水や乳液を使う前に、
自分にあったクレンジング方法を見つけてみましょう!!

  • この記事を書いた人

momo

主婦兼美容ブロガーのmomoです♡ 美容に関するお悩みをスッキリ解消♪ 心と身体の美を目指す場を作ります。 "気楽に続けられる美容法"を発信!

-メイク
-,

Copyright© ナチュラブ , 2020 All Rights Reserved.