美容

巡りの良いカラダを作る呼吸法【快眠・美肌・コリ解消】

投稿日:

ナチュラルビューティー法!第3弾!!

今回は呼吸について!
毎日当たり前にしている呼吸。
悪い姿勢やカラダのコリなどで、
キレイな呼吸ができていないかも??

呼吸がもたらす、健康や美容への
効果を知ってみましょう♪♪

いつもの「呼吸」こんなに大切!

人は1日に3万回呼吸をしています。
生きていくうえで欠かせない。毎日、
当たり前にしている「呼吸」ですが、
正しい呼吸をすることは、カラダを
リラックスさせたり、巡りを良くさせて
痩せやすいカラダにしたりと、健康にも
美容にもひもずく大切なものなのです。

こんなにイイことが・・・♡

◆酸素を効率よく運べる
◆自律神経のバランスが整う
◆循環器系をサポートする
◆睡眠の質が上がる
◆集中力が高まる

出典:ナチュラルビューティースタイリスト検定 公式テキスト

 

「酸素を取り込む」

酸素を正しく体内に取り入れられると、
血液や体液(リンパ液)の運搬が整って
カラダの巡りがよくなります。

カラダの巡りをよくすると新陳代謝が活性化。
痩せやすいカラダになったり、免疫アップ
健康維持にもつながります。

「自律神経」を整える。

自律神経が整うことで、
イライラした気持ちを抑えられたり、
冷えの解消ホルモンバランスの維持
にもつながり女性特有の心身のお悩みも
和らげることができるでしょう。

「日頃の呼吸」を振り返る。

緊張から肩に力が入りやすくなると、
肩こりや、集中力が低下します。
正しい姿勢で深い呼吸を意識すること
で改善できるでしょう。

「眠りの質」が改善。

睡眠前に深呼吸をすると眠りの質もアップ
「不安事」、「緊張が続く」と入眠が
難しい方もいるのではないでしょうか?
ヒーリングミュージックを聞きながら
呼吸を整えると眠りやすくなり、質の
良い睡眠がとりやすくなります。

呼吸を使い分けることで、
これらの症状を改善!!
「2通りの呼吸を知る」。

「腹式呼吸」と「胸式呼吸」

「腹式呼吸」と「胸式呼吸」

呼吸には大きく分けて「腹式呼吸」
「胸式呼吸」の2通りがあります。

胸式呼吸は普段、無意識に行っている
呼吸ですが、気分転換などリフレッシュ
のために行われることが多く、

腹式呼吸はヨガの呼吸法などリラックスの
為に用いられます。

どちらの呼吸が正しいということはなく、
場面によって使い分けることが重要です。

出典:ナチュラルビューティースタイリスト検定 公式テキスト

また、一般的に、手を両腕を広げて
呼吸する方法が「深呼吸」と思われがち
ですが、これは「大呼吸」。
深呼吸はおなかから深くすって
ゆっくり吐くこと。

「大呼吸=胸式呼吸」
「深呼吸=腹式呼吸」となります。

カラダがリフレッシュする呼吸法

気分転換をするための呼吸は
「胸式呼吸」を選んでみましょう。

効果的な方法として、日中、
簡単にできる「胸式呼吸+ストレッチ」を
ご紹介します。

床の上でも椅子に座っていてもできます。
必要な物は特にありません。

①酵素(フルーツ・野菜をとる)
朝空っぽになっている胃のなかに、
酵素を取り入れると美容にとっても◎。
ストレッチ前に栄養を。

②できるだけ日光を
浴びながら行いましょう。
メリット|1
日を浴びることでカラダに必要な
栄養素を(主にビタミン)を取り込む
ことができます。

メリット|2
眠りの質をあげます。
日の光を浴びることで、眠りに必要な
ホルモンが分泌されます。

効果を最大に引き出すため、
日の当たる場所が◎です♪

③胸部を大きく動かす
1|縦のストレッチ
手を前で組み天井に向かって伸ばします。
天井に向かって手を伸ばす際、息を吸う
と胸部がしっかり伸びます。
(胸郭を開くように伸ばす)
このとき背筋も一緒に伸ばします。
おろすときは息を吐きましょう。

2|横のストレッチ
手を組んで天井に向けたまま、
カラダを横に倒します。
この時にも1|の方法で呼吸を
整えます。

3|回旋(ひねり)ストレッチ
組んだ手を地面と垂直に保ち、
左右へと回旋する(ひねる)。

胸部は日常生活の中でカラダの動きが
出にくい場所と言われています。
自主的に伸ばしたり回旋(ひねる)など
しなければストレスを感じてしまいます。
猫背になる原因!?
肩回りが動くことで肩こりの改善にもなり
ますし、手を組んで行うことで、左右差や
カラダの動きにくい部分を感じられるはず
です。

④ほかのストレッチも行いながら10分。
今回は呼吸をテーマにしていますが、
できれば他のストレッチも交えながら
10分程度行います。

10分日に当たると睡眠に必要なホルモン
が活発になったり、栄養素が身体に循環
しやすくなります。

睡眠の質を上げる呼吸法

睡眠の質を上げるためには、
交感神経(興奮している)優位の
状態を副交感神経(リラックスしている)
優位の状態にする必要があります。

深い呼吸で自律神経を整える。
     ↓
「腹式呼吸」を選びましょう!

ゆっくりと鼻から息を吸い、
口から息を吐いていきます。
緊張やストレスで乱れた呼吸を
整えます。
1日の中で呼吸を見直す時間を
作るとうまく呼吸ができるように
なります。

呼吸を見直して、健康美♪

  • この記事を書いた人

momo

主婦兼美容ブロガーのmomoです♡ 美容に関するお悩みをスッキリ解消♪ 心と身体の美を目指す場を作ります。 "気楽に続けられる美容法"を発信!

-美容

Copyright© ナチュラブ , 2020 All Rights Reserved.